2『プラスチック』それとも『ガラス』?

*長所・短所   *特殊な素材   軽さ・薄さ・耐久性 あなたの目的は?
1 レンズの基礎知識

 眼鏡レンズは光の屈折や反射などを応用した光学レンズであり
 屈折率(素材)・設計・表面処理(コーティング)により
 構成されています。
 したがって、レンズの評価や、グレード・価格設定はそれらの
 総合性能で判断する必要があります。
2 プラスチックとガラスレンズ

 眼鏡レンズはプラスチックとガラスレンズの2種類に大きく分けられます。
 現在は軽くて丈夫なプラスチックレンズを使用している方が
 圧倒的(99%)ですが、ガラスレンズも強度近視の方には
 最高の薄さが実現できて透明度も高い為、根強い人気を保っています。
長所 短所
軽い(ガラスの半分)。 キズがつきやすい。
割れにくい。 寿命が1年半から2年以内。
カラー染色が豊富。 厚くなることがある。
ふち無し枠に対応。 熱に弱い。
新設計・コーティングが豊富。   
長所 短所
キズに強い 重い。
透明度が高い(にじみが少ない) 割れることがある。
耐久性3年くらい(プラスチックの倍) 加工・染色に制限あり。
強度近視の方、最高の薄さ可能 新設計の開発が少ない。
3 ガラスレンズを見直そう

 本当は『驚異の解像度!』カメラマンなどのプロ仕様の眼鏡や、
 シャープな視界をご希望の方にお勧め致します。

詳しくは 『ガラスレンズも進化している』

 透明度の高い見え方をご希望される方は、ガラスレンズがお勧めです。
4 どちらが良いの??

 @一般的には軽く・割れない(安全)・種類が豊富なことから

  プラスチックレンズを選ばれるのが一般的です。

 Aガラスレンズを選ばれる方は

  *強度近視の方で『出来るだけ薄くしたい』
  *キズ・ホコリ・熱に強い事から耐久性を重視される方
  *見え方の透明感にこだわる方 など

 Bどちらが良いとは言えません!

  ご要望・用途・こだわりに応じて選べることは確かです。
5 特殊な素材・メガネレンズの条件

 @ポリカーボネイト(1,59)

  *耐衝撃性のあるレンズ
  *通常のプラスチックレンズの10倍の強度
  *ふち無しメガネやスポーツゴーグルなどに

 ANX−T(1,53)(商品名 フェニックス・トリロジー)

  *耐久性・キズや劣化・歪み・収差などの見え具合など
   ポリカーボネイトを超えた素材

 Bポリアミド・アクリルレンズなど

  *出来合いのサングラスなどの素材
  *度付の眼鏡レンズでは使用されていません。


眼鏡光学レンズの条件


  *透明度が高く均一である事  *加工性が良い事
  *耐衝撃・耐熱・耐擦傷・耐久性・耐薬品・耐候性などに優れ
   経年変化が少ない事。
  *屈折率・アッベ数・比重などのバランスが優れている事。
   レンズメーカーは日々最新レンズを開発しています。

3 グレードを決める3要素
  屈折率・設計・コーティングによって数百種類に分類!
  同じようなレンズでも性能に違いがあります。
ページ上へ  前のページへ