強度近視の方専用レンズです。
一例のようなレンズは、個々のご対応となります。
当店では、−48Dまでの加工実績がございますのでお気軽にお問合せ下さい。
 DATA S-28.00
 HOYA THI2−MC 1.8球面 ガラスレンズ
 あらずり直後 最大厚 画面左 14mm
 マイナスメッツ加工(面取り)   最大厚 10mm
 作製DATA
 フレームサイズ 49□20 PD 62  必要外径53
 レンズ度数 S-28.00C0.00
 最大に面を取った場合3分の1位薄くなります。

 HOYA THI2-MC ガラスレンズ(2枚一組)
 HOYA 1.8HM ¥22,000  
 製作範囲外特注 ¥5,000  
 特殊加工代 ¥3,000  
合計 ¥30,000  
 ※価格はレンズのみの価格です。

参考データ(2015年12月3日)
 PD(瞳孔間距離)64mm 度数 S-26.00
 
作成を検討したレンズ(通常製作範囲)
 1.1.9 球面設計 東海光学 アルファナインEX PGC \35,000 レンズ径55mm
 2.1.8 球面設計 東海光学 アルファライト PGC \22,000 レンズ径55mm
 
作成時、レンズの最大厚み(計算値)
  【フレームサイズ 45□19】 【フレームサイズ 48□18】
1.9球面 9.4mm 12.2mm
1.8球面 10.7mm 14.1mm
 
つぼくりレンズ(ガラス)
強度近視用ガラスつぼくりレンズ

通常で作製できない度数を作る特注レンズです。
つぼくりにする事により強度数の作成が可能になり薄く見せる事が出来ます。
有効径の部分(中心部付近)に度数が付き、その外周には度数がつきません。
小さなフレームをお選び頂くと、見栄えが良くなります。
 マタヘイ  マタロウ
 ふち(外周部)がフラットで見栄えが良くなります。
 マタロウレンズに比べ厚く見えてしまいます。
ふち(外周部)をカットすることで、
マタヘイレンズよりも薄く見せる事が出来ますが、ふちをカットしているのでマタヘイよりも見栄えは劣ります。

マタヘイ・マタロウの一例写真では、厚みが異なりますが度数によるものです。
同度数で作成した場合には、マタロウレンズの方が薄く仕上がります。

販売価格・ご納期について

販売価格につきましては、度数・フレームデータ・使用レンズ(作製可能)によって異なります。
強度数作製範囲外つぼくりレンズは、10万〜お見積もり、製作期間は手作りの為30日前後となります。
フレームと処方箋をお持ち頂きましたら、お見積もりさせて頂きます。
お見積もりには、2〜3日掛かります。予めご了承下さい。


 ガラス強度数(マイナス)作製一覧
 メーカー  レンズ種類  度数データ(製作範囲)
 東海光学  1.90球面   製作可能。要確認。つぼくり対応
 東海光学  1.80球面  −30.00まで製作可能。要確認。つぼくり対応
 HOYA  1.80球面  製作可能。要確認。つぼくり対応
 HOYA  1.70球面  製作可能。要確認。つぼくり対応
 *つぼくりレンズは、度数によって外径・内径(有効径)が異なります。
 *レンズ径が小さい為フレーム制限がございます。
 *度数データ・フレームサイズが分かりましたら外径確認 作製の可否をお調べ致します。
 *度数確認・お見積もりには2〜3日掛かります。予めご了承下さい。


 プラスチック強度数(マイナス)作製一例
 メーカー  レンズ種類  度数データ(製作範囲)
 東海光学  1.70AS    S−20Dまで 乱視付合算−20.50Dまで可能
 HOYA  1.70AS  S−20Dまで 乱視付合算−20Dまで可能
 *その都度、メーカー確認とさせて頂きます。
 *外径が小さい為フレーム制限がございます。
 *価格・納期・度数・カラーについては、お見積もり確認とさせて頂きます。
*強度遠視はこちらから→強度遠視キャタラクトヘ

ページ上へ 前のページへ